COTONOWA コトノワ

【COTONOWAレポート】ふるまい作法講座

こんにちは、COTONOWA事務局です♪ すっかりお正月気分なこの季節に、 鎌倉時代から受け継がれてきた武家礼法「小笠原流礼法」の宗家嫡男・小笠原清基氏に学ぶ『ふるまい作法講座』のレポートをお届けします。

現代の日常生活でも役立つ、日本人としてのふるまいや作法を学ぶこの講座。 第3回目のテーマは「年始年末に活躍する物の包み方や結び方」です。

正しい熨斗袋の使い方は、お祝い事の際には、紙を2枚重ねて折る。 不祝儀の場合は1枚のみで折るなど、知っていそうで知らない作法も学ぶことができるのです。

また熨斗袋にかける帯紐である水引にも決まりがあり、 祝儀事は奇数、不祝儀事は偶数になっている紐を選ばなければいけません。 日本では昔から、人と人とのおつきあいの中で、物やお金を贈るという慣習があり、 特に冠婚葬祭では欠かせないものですね。

「折る」「結ぶ」という行為は、古くから伝承されてきた日本人ならではの 奥ゆかしいコミュニケーションのひとつとして大切にしたいものですね。

【参加されたお客様の声】 ・「初めて知ることばかりで楽しかったです。知っているようで知らないことって、 たくさんあるのですね」(40代・女性) 、「礼法の奥深さを知るには、まだまだ時間がかかりそうですが、楽しい講座でした」 (50代・女性) 、「近隣で礼法について学べる講座は無かったので嬉しかったです。」(60代・女性) 、「講師の話が分かりやすく、とても為になりました。」(60代・女性)

また2018年1月13日(土)には、 小笠原流の本部教場で礼法や歩射(弓道)・騎射(流鏑馬)の体験会を開催しますので、 初めての方でもお気軽にぜひご参加ください!

04-20小笠原流礼法 特別講座 弓道体験会 


 詳細・お申込みはこちら 


 皆様のご参加をCOTONOWAスタッフ一同、お待ちしております♪

基本情報

カテゴリ サービス&会員/会員・サークル

店舗情報TOPに戻る

最新情報一覧

関連する店舗の最新情報

全館情報